Your Title Text
Your Subtitle text

冬 イベント情報 東京編

冬のイベント情報(東京編)について

冬のイベント情報
冬の休日。家の中でコタツでぬくぬくしながら蜜柑を食べたり、そのままお昼寝をするのは気持ちがいいものですが、そればかりではつまらないですよね。 たまには、寒い時期だからこそ元気一杯外に出掛けるのもいいものです。友達や家族を誘ってさあどこに行きましょう。 ディズニーランドや遊園地もいいですが、ここは渋めに地元密着のイベントやお祭りをご紹介します。 ちょっとお洒落な温かい装いで、冬の外歩きを楽しんでみませんか。日本の風景を楽しむことが出来ます。 まずは東京編からいきましょう。
11月
菊まつり:この季節は菊が満開です。高幡不動尊の菊まつり、日比谷公園の東京都観光菊花大会、湯島天満宮の文京菊まつりが有名どころです。お花や菊に興味のある方は毎年見て回っていることでしょう。 酉の市:開運や商売繁盛を祈願するお祭りが酉の市ですが、江戸は下町情緒を伝える浅草・長国寺や同・鷲神社で豪華な熊手の並ぶ縁日は冬の風物詩です。王子神社では12月に熊手市として開催されます。 紅葉のライトアップ:六義園は枝垂れ桜のライトアップも有名ですが、この時期は紅葉のライトアップも楽しむことが出来ます。徳川五代将軍、徳川綱吉によって作られた今では貴重な大名庭園を楽しんでください。 どぶろく祭:五穀豊穣・無病息災・強運厄除を祈願して参拝客にどぶろくを振る舞うお祭りで、小網神社(中央区日本橋)で行われるのは関東2大どぶろく祭のひとつです。

12月
赤穂義士祭:有名な忠臣蔵は、江戸城・松の廊下で吉良上野介に対する刃傷沙汰から赤穂(兵庫県赤穂市)藩主・浅野内匠頭が切腹するところから始まり、藩主の敵討ちとして赤穂藩志四十七人が吉良の首を取るまでの話です。       吉良の首は浅野内匠頭のお墓に備えられますが、その四十七志が藩主とともに眠っているのが品川泉岳寺です。そして討ち入りの日である12月14日が赤穂義士祭です。 世田谷のボロ市:現在は何でも売っている市ですが、400年以上前はボロ布を売っていた市であったことからその名が付いています。現在は東京都の無形民俗文化財にも指定されています。 羽子板市:この市がテレビで紹介されるともう歳の瀬だなという気になります。浅草から華やかな年末を呼んで来ます。羽子板は邪気を跳ね返すものとして、女の子の成長を祈願するものとなっています。 東京ミチテラス:少し前に新装となった東京駅をライトアップするイベントです。丸の内仲通りでは、ドイツのクリスマスマーケットをイメージしたマーケットも出ています。ホットワインをどうぞ。

01月
初詣:日本一の人出として有名なのが明治神宮です。正月三が日で300万人が初詣にくると言われています。大晦日の夜から大変な賑わいとなり、除夜の鐘を聞いたあとにそのまま新年の初詣をする人が多いようです。 出初式:東京ビッグサイトで行われます。直接見に行く人は多くないかも知れませんが、伝統のはしご乗りや消火・救助などの演技もある伝統行事となっています。見に行く人は水を浴びると寒いので要注意です! どんと焼き:前年のお守り、正月飾りやしめ縄などを預かってくれ燃やすことで供養する行事です。台東区・鳥越神社で行われ、この火で作った焼き餅を食べると一年間病気をしないと言われています。

02月
だるま市:高幡不動尊(日野市)で行われるだるま市は100以上の露店と5万人以上の人出で賑わいます。3月に行われる深大寺のだるま市も有名で、こちらは購入しただるまの目入れを深大寺僧侶が直々に入れてくれるようです。 節分:浅草寺境内の豆まきは毎年テレビでは観る風景です。豆をまく人は浅草ゆかりの芸能人や文化人で、早春の華やかさを色を添え、その賑わいもまた一層盛り上がります。

03月
梅祭り:菅原道真を祀る湯島天満宮や、演奏や模擬店などいろいろな催し物がある羽根木公園等の梅祭りはまだちょっと寒いですが、春の訪れを感じることが出来る落ち着いた一日を過ごすことが出来るでしょう。 青梅マラソン:市民マラソンとしては日本を代表するマラソン大会で、1967年の第一回大会からほぼ50年の歴史があります。女子の部は1980年の第14回大会から始まっています。        今では参加のための抽選も競争率が高く、なかなか参加することが出来ません。参加するには市民枠がある青梅市民になるのがいいかも知れません。        毎年前後して行われる東京マラソンと掛け持ちで走る強者もいます。尚、マラソンという名が付いていますが、走る距離は30kmであり所謂42.195kmのフルマラソンとは異なっています。 桜まつり:3月も下旬からは、上野公園・六義園の枝垂れ桜・隅田川と各地で花見が始まります。もう春の訪れから過ぎ去った冬のことはもう誰も覚えていません。

Web Hosting Companies